二次元空間(旧)

現在は http://twodimension.net/ にて更新中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP

「かのこん」がエロいと思ったら「ムネモシュネの娘たち」は更にエロく行った。 


寸止めなんて目じゃないぜ!
・・・・・なんせモロですから、とそんな「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」第5話。一応15禁。


さて、本編は前回の話から更に30年後に飛び、輝紀の娘の最後のゲストキャラ・美汐が登場。
その美汐とタービンエンジンに巻き込まれたせいで記憶喪失中の燐を一応の中心とした話でした。

記憶喪失は無理が、と思ったけど脳までグチャグチャだと記憶喪失になってもおかしくはないかな。
結果的にまだ現役サイボーグのローラが燐の変装をしたおかげで記憶が戻ったとも言えるのかね。

最後にローラが愛の告白(?)してましたがまだ登場するんだろうか。そろそろ止めをさせよと(笑)。


そしてクライマックス目前なせいかやたら増量されていたサービスシーン。
サービスが多いアニメは同じAT-Xの「かのこん」が思い当たりますがこっちは直球過ぎです(笑)。

他はともかく(という訳でも無いですが)、ミミ達が突然4Pレズプレイ始めた時は何事かと思ったよ。
エイポスはトキジクの実を変な所に突っ込むしミミをヤっちゃうしで、いきなりサービス要員に昇格。

とりあえず肝心の部分さえ映さなければ18禁アニメにはならないんだなという事が分かりました。


話も急展開でいきなりクライマックスの様相を。でも今更ユグドラシルがどうのとか言われても。
どうやらトキジクの実を食べないと生きていけないと思われるエイポスだけ焦っているようですが。

燐が重要なキーになってるみたいですけどエイポスがあっさり実を奪って砂にしちゃったからなあ。
不死者が死んだらあのマネキン状態の女達とエイポスがいる城のような所に送られるんだろうか?

次回が最終回ですが、解説が多くならない事を願う。そこそこ面白い題材だとは思うんですけどね。
関連記事
[ 2008/06/02 22:24 ] ムネモシュネの娘たち | TB(3) | CM(9) | TOP
美汐のエロシーンが無いのと
力ちゃんがあっさり爆死したのには驚愕しましたw

あと、ミミが言ってた『知り合いを通じたネットワーク』って
単なるレズビアンの集まりじゃないッスかwww
[ 2008/06/02 23:23 ] [ 編集 ]
ミミがやばい死にそうだ、と思っていたら、
犬と燐があっさり逝ってしまいました。
やっぱり燐の復活の鍵は首に下げてた実でしょうか。

そして、可愛い娘までいる輝紀の勝ち組っぷりに軽く嫉妬w
[ 2008/06/02 23:25 ] [ 編集 ]
犬の死には泣いた。生き残ると思ったのに……。
[ 2008/06/02 23:26 ] [ 編集 ]
ミミの胸が増量されてて('・ω・`)にょろーん
[ 2008/06/03 01:22 ] [ 編集 ]
うわ~。こんなエロアニメ(笑)があったとは
知りませんでした~。

配役をみたら有名女性声優さんが演じてますし、
有名声優さん達の喘ぎ声が聴けるんですか?

もし聴けるんだったら喘ぎ声のためだけに
DVD買おうかな~。
[ 2008/06/03 23:38 ] [ 編集 ]
エロシーンが多すぎて見る気が失せてきたぞw

エロシーン入れなくてもシリアスで面白いんだけどなぁ。
しかし燐が逝くとは…。まぁ、復活の伏線はあったけど。
[ 2008/06/04 01:21 ] [ 編集 ]
>>有名声優さん達の喘ぎ声が聴けるんですか?
い え す w
おまけに…石田彰さんも喘いでます。

でも、エロ以上にグロいので注意。
実用性(?)は意外と低いかもしれません><
[ 2008/06/04 12:30 ] [ 編集 ]
やっぱり、遣られたのは偽燐しか考えられないよね。
その前振りが、あんたの事考える様になったとか言ってたもんね。
[ 2008/06/07 01:06 ] [ 編集 ]
美汐かわいいよ美汐
[ 2008/06/12 21:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
コメントの投稿は停止中です。
喪失
[2008/06/03 00:07] Hiroy\'s Blog
「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」第5話。 衰えゆくユグドラシルへの危機を感じ、いよいよエイポスも前面に出てきたが、それを護る手段はまだ見せてはくれない。燐の恋人か、老天使と呼ばれる男もエイポスの同属なのだろうが、その歩む道は違うようだ。 エイポスはふ...
主人公・小山田耕太の一人称視点で進行するラブコメディであるが、 主に中高生を対象にしているライトノベルの中では 相対的に強めの性描写が含まれており、 ジュブナイルポルノ的要素の強い作品である (「ラノベ史上最強の寸止め作品」とのキャッチフレーズ...
[2009/05/08 03:05] youtubeをアニメモ!
カテゴリー
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。