二次元空間(旧)

現在は http://twodimension.net/ にて更新中。

大正野球娘。 私達の戦いはここまでだ!・・・・・完? 


これからどうするんだ・・・・・。
そんな訳で次が最終回でも良いような雰囲気になってしまった気がする「大正野球娘。」第3話。


さて、冒頭で変な男とフラグを立ててしまった小梅はさて置いて、発足した桜花会(漢字は簡略)。
何とか同好会としての認可を得て部室もゴリ押しで貰い、ようやく本格的な練習が始まりました。

まずは基礎体力を付けるため走り込みから・・・・・な訳はなくキャッチボールや素振りやノックとか。
素人の女子中学生がその格好で硬球を木製バットで打って前に飛ばせるだけ凄いと思うんだぜ。

たまちゃん可愛いよたまちゃんなのは相変わらずですが今回で鏡子も可愛いかも、と思えて来た。


そしていきなり朝香中との練習試合へと。ちなみに晶子が言ってた例の男は晶子の許婚でした。
まあ岩崎君は悪い人間ではないと思うけど時代相応の堅物タイプって感じか。結局、痴話喧嘩?

試合は当たり前の結果ですが1回コールド。岩崎君もさる事ながら4番が本気出し過ぎだろ(笑)。
鏡子がエラーした事で泣き出しちゃったみたいですけど巴もエラーしてたし気にしない気にしない。

晶子の岩崎君を見返すという目標は早速打ち砕かれてしまいましたがこれからどうするんだろう。


何だか次で最終回と言われてもおかしくないサブタイトルですが、まだ4話目なので悪しからず。
とりあえず記子が抜けて鏡子が引きこもって晶子が寝込んでと桜花会の今後に関わる話っぽい。

というか本当にどうするんだろうなあ・・・・・・練習試合では負けたけど普通に再挑戦するのかね。
そもそもの晶子の動機からすると、一回負けたらそれで終わり的なものを感じなくもありませんが。

再挑戦するにしても何をどうすれば、って感じですがその辺はもうアニメだし?で片付けるか(笑)。
関連記事
[ 2009/07/20 01:53 ] 大正野球娘。 | TB(11) | CM(22) | TOP
どうするんだろうね
[ 2009/07/20 02:41 ] [ 編集 ]
練習シーン面白かった
[ 2009/07/20 02:50 ] [ 編集 ]
これで練習していきなり上手くなってもなぁ…。
どういう展開になるんだろ。
[ 2009/07/20 05:23 ] [ 編集 ]
練習試合でボロ負けしてチーム崩壊の危機になるが
メンバーの絆を深めて対策も練り
本番で勝つ定番の流れ
[ 2009/07/20 06:11 ] [ 編集 ]
本番勝っちゃうの?
最後また負けたとしても皆で一つになって頑張れたから…というのでもいい気がする。

>今回で鏡子も可愛いかも、と思えて来た。
管理人さんは守備範囲が広いね。移り気が多いともいうw
自分はやっぱり小梅一筋かなw
[ 2009/07/20 08:31 ] [ 編集 ]
静の巴に対するジト目が最高。このやっぱりトモエとシズカっていつでもガチコンビだな・・・
[ 2009/07/20 09:13 ] [ 編集 ]
どうするだろうね>
更新待てず、2ch覗いたら原作読んでるやつのまさかのネタばらし……。バチが当った。
[ 2009/07/20 10:29 ] [ 編集 ]
原作とはポジションとか全然違うからなぁ。
[ 2009/07/20 12:29 ] [ 編集 ]
つーか、女性が練習して簡単に野球部に勝ったら、真面目に野球やってるやつらの立つ瀬ないわな。
中学高校の時点で、もう男女には体格差が出るし、真面目にやりこんでる男ににわかレベルの女性が勝てたら変。

まぁ、アニメだから良い勝負するんだろうけど、ぶっちゃけどういう結果になるにしろ、納得出来そうもない。
[ 2009/07/20 13:01 ] [ 編集 ]
1、この時代の日本の野球は完成度が低い
→付け入る余地がある
2、野球はそもそもスポーツとしてバランスが悪い
→ピッチャーの力量だけで善戦できる
3、当時の14歳(と仮定)男子の身体的特徴
→成長期の問題で体力的には差が少ない時期
4、当時の男子の心理
→「女相手に本気でやれるか」との意地や慢心
5、その他
→道具などのチート

まあ善戦する余地はあるんね
[ 2009/07/20 13:03 ] [ 編集 ]
今の展開はスポーツ物の定番パターンだから先が読める。

後は何時、小梅がビッチ扱いになって炎上するかだな。
[ 2009/07/20 13:11 ] [ 編集 ]
>小梅がビッチ扱いになって炎上
それはつまり、勝たせてくれたらファックさせてあげるという事か……ゴクリ。
[ 2009/07/20 14:21 ] [ 編集 ]
今の時代なら絶対善戦出来ないけど、大正の野球だと早慶でもない限りレベル低いんだよね
作戦練ってルールに多少特殊なもの(ハンデではなく)導入すれば芽はあるんじゃない?巴とか剣なら達人の域だし
晶子が大正にはない変化球の一つでもマスターすればと思うけど、それ以前に体力ないのどうにかせんとなぁ
とにかく、今回のは練習不足で無策でやったらこんなもんですよ、程度の意味合いしかないでしょ
[ 2009/07/20 16:09 ] [ 編集 ]
>3、当時の14歳(と仮定)男子の身体的特徴

旧制中学だから、今の高校生だと思われ
[ 2009/07/20 17:29 ] [ 編集 ]
小梅は俺の嫁
[ 2009/07/20 18:19 ] [ 編集 ]
でどれが主人公?
[ 2009/07/20 19:50 ] [ 編集 ]
> 更新待てず、2ch覗いたら原作読んでるやつのまさかのネタばらし……

練習試合の結果は既に原作と違いますから、多分アニメはここからオリジナルの展開になると思うよ。原作のネタバレは参考までにてことで別にいいじゃない?

でも、JCのオリジナルか……悪寒が……
[ 2009/07/20 20:22 ] [ 編集 ]
早く胡蝶出てこんかね・・・
[ 2009/07/20 20:26 ] [ 編集 ]
勝負の行方はうやむやにして、時は現代に移して小梅そっくりな孫がプロ野球進出ってのはどうよw
[ 2009/07/20 21:39 ] [ 編集 ]
何がどうなのか分からない。チラ裏でどうぞ。
[ 2009/07/20 22:29 ] [ 編集 ]
>旧制中学だから、今の高校生だと思われ
分かりにくいので調べてみた。
<女子>
尋常小学校(6年)→高等女学校(4年)→女子高等師範学校(4年)
<男子>
尋常小学校(6年)→中学校(5年)または高等学校尋常科(4年)→高等学校(3年)または大学予科(3年)→大学(3年)
なので、高等女学校と男子の中学校は同年代なのね。
[ 2009/07/21 01:11 ] [ 編集 ]
短髪の男がみなみけのナツキ?(吉野が声やってたやつ)にみえる
[ 2009/07/23 00:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
コメントの投稿は停止中です。
 大正野球娘。  第三話 娘九つの場を占めて 感想    -キャスト-  鈴川小梅:伊藤かな恵  小笠原晶子:中原麻衣  川島乃枝...
[2009/07/20 02:30] 荒野の出来事
前回でついに9人のメンバーが揃いました!道具や場所を抜きにしてこれで野球は出来る・・・はずです。学院長の鶴の一声で同好会から活動が始まりました。部屋も与えられたのでルールの勉強もしてるみたいですねルール理解も大切な練習だ。ある程度、うまくなってきたとこ...
「勝ったチームからその日の最優秀選手を選出し,負けたチームから相手を指名して,後日ランデブーする」
[2009/07/20 04:24] Junk Head な奴ら
いきなり練習試合! 相手はあの晶子さんの因縁の相手、岩崎荘介。 許婚だったんですね! 痴話ゲンカに巻き込まれている感がw 男子登場...
[2009/07/20 06:52] 空色きゃんでぃ
おにぎりくわえて「遅刻、遅刻~」パターンで出会いフラグを立てる小梅お嬢様。落としたハンカチは交際申し込みの印と誤解。その相手は憎き(そう思っているのは晶子だけだが)朝香中学の学生。晶子の許婚は朝香の野球部員、小梅がぶつかった相手も野球部員と、このあたり...
食パンでなく、おにぎり咥えて登校ダッシュの小梅。 角でぶつかった相手・高原は小梅に一目惚れ?(笑) 荷物を手で、おにぎりを口でキャッ...
[2009/07/20 08:55] SERA@らくblog 3.0
初の練習試合 大正野球娘。 第3話「娘九つの場を占めて」の感想です。
[2009/07/20 09:04] 日常と紙一重のせかい
雪「櫻花曾おじゃんでございます」 大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray](2009/10/07)伊藤かな恵中原麻衣商品詳細を見る 大正野球娘。 #03 娘...
[2009/07/20 12:56] HISASHI'S ver1.34
大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray]クチコミを見る 何とか苦労して9人集め、野球が出来る事に。小梅たちは、この会を『桜花会』と名づける。だが学院長からは、学校の正式なクラブとしては許可してもらえず、しかたなく同好会としてスタートを切ることになっ?...
テンポが良く話もシンプルなので安心して楽しめます。
[2009/07/21 13:27] ソウロニールの別荘
暗雲漂う娘たち 大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray](2009/10/07)伊藤かな恵中原麻衣商品詳細を見る 小梅が意外としっかりしてて好感が持て...
[2009/07/25 23:46] リリカル☆スアラ
カテゴリー
月別アーカイブ