二次元空間(旧)

現在は http://twodimension.net/ にて更新中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP

ひぐらしのなく頃に解 第12話 「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」 

皆殺し編 其の七 雛見沢症候群

ひぐらしのなく頃に解第12話、皆殺し編・其の七。
事前のフォローも虚しく再び繰り返される惨劇に、梨花はそれでも立ち向かう。


そんな訳で運命とやらに抗う梨花・・・・・ですが、あっさり部活メンバーにバレる事に(笑)。
皆を巻き込みたくないと言いつつ肝心な所が抜けてるのが梨花らしいというか何と言うか。

まだ鉄平から解放されてからそれ程経っていないのに沙都子はすっかり元通りになってるね。
まあ、それだけ仲間の存在というのが沙都子の心の支えになっているという事なんでしょうか。

ともあれ梨花は運命を変える事が出来るという事を信じ、皆に雛見沢について話し始める・・・・・。


そして回想を交えて雛見沢症候群、更には東京の事について部活メンバーに話す梨花。
ついでに回想を見て改めて思いましたが1期の作画は妙に特徴的だったんですね(笑)。

原作未プレイのアニメからの人にはこれでほとんどの事がネタバレになったでしょうかね。
淡々とした梨花の説明であっさり語られちゃった訳ですが、果たして納得出来たかどうか。

というか予備知識忘れて頭を空にして聞いてみると相当な電波話に聞こえるよなあ(笑)。


梨花が圭一達に話をしている一方、山狗は鷹野の指示で入江に対して本性を現していました。
1期では凄い手抜きっぷりだった小此木の顔もちゃんと悪役っぽく描き込まれていて一安心。

お互いを信じ合い部活メンバーの結束が高まる中、しかし既に事態は悪い方向に進行中。
羽入って情報収集とかやろうと思えば結構色々出来そうな気もするんですが使えない(笑)。

そして山狗は大石達を射殺し、鷹野の計画通りに梨花の家へ・・・・・。


放送中止の騒動でちょっと視聴モチベーションが下がってしまった気もするひぐらしですが。
何か次回こそ際どいシーンがある皆殺し編ラストという事でまた放送中止という事には・・・・・?

とりあえず次回に続く。
関連記事
[ 2007/09/28 21:10 ] ひぐらしのなく頃に解 | TB(6) | CM(2) | TOP
尺の問題でしょうが大石があっけなく殺られちゃいましたね。
もっと山狗を追い詰める描写が欲しかったです。
[ 2007/09/29 16:22 ] [ 編集 ]
山狗がちょっと無感情過ぎるような気がしますね。
それなりに人間味がある方々だとは思うんですが(笑)。
[ 2007/09/30 23:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
コメントの投稿は停止中です。
ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 感想いきます。
[2007/09/28 23:38] AAA~悠久の風~
みんながいてくれることの方が心強いのですよ――。 運命を諦めないと誓った梨花。 梨花を信じてくれる圭一たちに全てを打ち明ける。 雛見沢症候群の真相、梨花が命を狙われるわけを…。 運命を決する時が刻一刻迫って
[2007/09/28 23:43] SERA@らくblog
発見された鷹野三四の遺体の死亡推定時刻があわない。 園崎家に固執してきた大石だが、今回の事件では鷹野三四に疑いを向けるようになる。 イリーには東京からの疑いが。梨花ち...
ひぐらしのなく頃に解   予測評価:3.5~   []   東海テレビ : 07/05 27:50   KBS京都 : 07/06 26:30   テレビ埼玉 : 07/09 25:30~   チバテレビ : 07/09 26:10~   サンテレビ : 07/09 26:10~   AT-X : 07/11 09:30~   テレビ神奈川 ...
ひぐらしのなく頃に キャラクターCD Vol.3TVサントラ発売日:2007-07-25価格かなり両極端なキャラソンですが、どちらも味わいは深いですキャラソンシリーズ第3弾。古手梨花と北条沙都子という妹役のキャラがテーマです。構成は古手梨花のキャラソン「無限回廊」と北条沙都...
ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉 さてと色々と騒ぎがありましたが、関西ではサンテレビで放送されることが決定いたしました。問題の12話・・・一体どのような内容であるのか?注目していきたいと思います・・・。
カテゴリー
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。