二次元空間(旧)

現在は http://twodimension.net/ にて更新中。

こどものじかん第1巻修正点 オンエア版&DVD版&原作比較 

こどものじかん オンエア版&DVD版&原作比較

さて、そんな訳でタイトル通りに先日発売されたこどものじかん1科目(AA)の話になりますが。

感想で散々言ってるように昨今稀に見る規制だらけのアニメのDVD版は果たしてどうなったのか。
今更内容については語る事もありませんので、オンエア版&DVD版&原作の修正点比較をざっと。

ちなみに画像の並びについては上記通り左からオンエア版・DVD版・原作となっていると思います。


まずはりんの「筆下ろし」発言と筆を舐めるカット。エロく舐めるのが駄目だったらしい。
微妙に作画が良くなっている気がしなくも無いですが気のせいか。


一体これの何に修正が入ったのだろうと思っていたら「チンカス」という文字に修正が。
アニメで独自に追加した言葉で修正かかってたら世話無いような気もしますけど。


りんがパンツを脱ぐカットはどうやらパンツがずり落ちている所を見せるのが駄目だったらしい。
冒頭でモロにパンツ見えていたのはオンエア版も同じなんですが、何でそこは良いんだろうか。


携帯メールの「指フェラ」文字の修正。まあこれは仕方無いような気もする。


青木がりんを猫に例える部分の修正。何で裸なのか分かりませんがまあ原作通りなので。
別に遠目だから良いとも思うんですが・・・・・一応裸という事でアウトになったのか。


そして原作第1巻でインパクトというか印象的なシーンである「中出し希望」の文字の修正。
いざ無修正になると味気無いような気もする。ちなみにりんの作画は良くならなかった(笑)。


水道の水を飲むりんの修正。「筆下ろし」の時と同様に舌の動きが無駄にエロいのでアウト?
露骨過ぎたとは思いますがイメージ的なものまで修正が入ると表現の幅が狭まると思うんですが。


裸エプロン修正。別にこれぐらいの露出は良いだろうと思ってたらお尻の方がまずかった。
まあこれは・・・・・ね。一番そっち方面の方に媚びた演出だったのではないかと思われます。


りんの風呂上がり修正。しかし修正が取れてもりんの胸にはただ肌色の裾野が広がっています。
感想にも書きましたが、この前の風呂シーンは良いのにこっちだけ修正する理由が良く分からん。

そして・・・・・・。


ブルマかよっ!!

何と言う釣り・・・・・これはさすがにDVD購入の釣り目的の修正としか考えられないんですが(笑)。
お礼だと言ってブルマを見せるりん達も良く分からないしそれを見て照れる青木も良く分からない。

まあともかく、修正が取れてようやく「こどものじかん」は一つの話として見れたような気がします。
オンエア版は見ているこっちからすれば未完成品のようなものでしたからねえ・・・・・。
関連記事
[ 2007/12/21 18:36 ] こどものじかん | TB(1) | CM(2) | TOP
その淡々とした比較が素敵です。というかテンション低いですね(笑)。

実際放送局との兼ね合いというのはどれくらいあったんですかねぇ。
AT-Xでの放送拒否もありましたし製作側のスタンスが良く分かりません。

まぁそもそも話題性に乗じたアニメ化でしたから……今更ですけど。
[ 2007/12/21 18:48 ] [ 編集 ]
セリフとかはチトやばいのは理解できますが、裸エプロンとか
ブルマとか、そんなにヤバイのかな?風呂上がりのシーンは普通に
湯気を濃くすれば十分だった気がします。やっぱしレイジが幼女の
裸を見ているのがダメなのかな?

>パンツがずり落ちている所を見せるのが駄目だったらしい。
いや、むしろその上の「履いてない」の方では。

#りんだったら「二重に履いてただけ」とかやりそうだけど。
[ 2007/12/21 22:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
コメントの投稿は停止中です。
カテゴリー
月別アーカイブ