二次元空間(旧)

現在は http://twodimension.net/ にて更新中。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP

続・今年のアニメをお風呂を眺めながら振り返ろう ’2007 

続・今年のアニメをお風呂で振り返ろう ’2007

今年のアニメをお風呂を眺めながら振り返ろう ’2007の続き。

シャイニング・ティアーズ×ウィンド

正統派ファンタジーかと思いきや、蓋を開けて見ればカオスな展開で別の意味で楽しめたアニメ。
Tony氏原案のキャラクターは魅力があるものの、作画がイマイチ安定しなかったのがネックでした。

内容は・・・・・まあ、キャラの突飛な行動を眺めたり剣を抜く時の声優さんを喘ぎ声を聞いたりとか。
ラスト一つ前で、ソウマがキリヤから剣を抜いた時はどうしようかと思いましたが(笑)。アッー!

「京四郎と永遠の空」「キスダム」「ドラゴノーツ」と合わせて今年のネタアニメ四天王では無いかと。

ナイトウィザード The ANIMATION

とりあえず今期からも一つ。良い意味で放送前の予想を裏切られたアニメという事でチョイス。
上記の「シャイニング・ティアーズ×ウィンド」とは違い最後まで正統派のファンタジーのでした。

キャラクターが突飛な行動に出る事も無く(一部ありましたが)、最後まで無難にまとめて好印象。
特にこれが良かったという点も無いんですけど、作画も安定していたし普通の良作だったのでは。

原作を尊重し特に冒険する事も無い。原作付きアニメはこういうのが正しいと思うんですけどねえ。

魔法少女リリカルなのはStrikerS

「魔法少女リリカルなのは」シリーズの3期という事で注目度はかなり高かったと思われますが。
従来の魔法少女ものというよりは、なんちゃって軍事ものといった方が正しいのかもしれませんね。

しかしこれまでと違い、2クールもあったのに他メディアで補完するべき話が多いのは何ともなあ。
キャラクターが増えたせいとか構成が・・・・・と言うよりはファン狙いのメディア展開が露骨過ぎて。

オンエア版のアニメだけで楽しみたいと思っている方には色々と不満が残る内容だったのでは。

らき☆すた

京アニ製作という事で色々注目を集めたアニメ。実験作的な意味合いも強かったようですけど。
ハルヒの時も思ったんですが、ネットの影響力は凄いなあ・・・・・と改めて思った作品になりました。

内容自体は可も無く不可も無くの内容ですが、キャラ萌えと所々のネタでフィーバーしましたかね。
自社ネタやら白石稔やらアニメ店長やら突然の監督降板やら内外でネタに困らないアニメでした。

正直京アニは構成(特に2クールもの)に不安があると思っているのでこういう作品の方が・・・・・。

ながされて藍蘭島

女しかいない島に流れ着いた主人公のハーレムもの、という事で釣られて見てしまいました(笑)。
まあ序盤こそそこそこ良かったものの、中盤以降になるにつれてダレていってしまったので残念。

ハーレムものなのに主人公が最後まで「男」を気取っていたのが最大のネックになってしまったか。
テコ入れの新キャラ投入も遅すぎたという印象。というか最終回に新キャラ出してどうすんだ(笑)。

テレ東じゃなければもう少し際どい描写も出来たかもしれませんが・・・・・それも残念な部分です。

瀬戸の花嫁

上記の「ながされて藍蘭島」と同時期だったので、どちらの感想を書くべきだろうと悩んだアニメ。
結局こっちの方を切ってしまったんですが、それをかなり後悔する事になってしまったなあ(笑)。

第2話から本領発揮の無駄に高いテンションと軽快なノリで結局最後まで突っ走ってしまった。
男女共キャラの魅力も十分で、お馬鹿なノリと個性的なキャラ同士の絡みは見ていても面白い。

これもまたテレ東系列だった訳なんですが、お色気描写も結構頑張っていたような気がしますね。


・・・・・以上。

まだまだ他にも書きたいアニメが多いんですけど、書き出すとキリが無くなってしまいそうなので。
個人的には今年は小粒な作品が多かったように思われますが、まあ本数自体が増えてるからね。

来年はコードギアス2期やハルヒ2期、もといハルヒ新アニメーションもあるので楽しみも多いです。
一方でラノベ作品の安易なアニメ化も増えているように思いますが、果たして来年はどうなるか。

しかし未だに来期のアニメ視聴予定を立てていないという・・・・・。
関連記事
[ 2007/12/30 18:45 ] 雑記 | トラックバック(-) | CM(10) | TOP
京アニの2クール物は構成に難があるものが多いですね。
視聴者に媚びる為に、無駄な萌え演出を入れるから尺が足りなくなるんですよね。
萌えとか入れないと、最近は見てくれないのかな?
[ 2007/12/30 19:15 ] [ 編集 ]
そういえばみなみけはこんなシーンとは無縁だったなぁ...
[ 2007/12/30 21:24 ] [ 編集 ]
こんばんは。只今ウチのブログでおちゃつさんの企画と連動いたしまして、「2007年声優アウォーズ!&アニソン大賞!!!」というのを開催しております。もしよろしければご参加願います。
[ 2007/12/30 21:48 ] [ 編集 ]
>とおりすがりさん
京アニからキャラ萌え分まで取ったらさすがに・・・・・。

>黒い猫さん
おかわりでは最初から温泉回みたいですけどね。

>ハピゆきさん
申し訳ありませんが声優とアニソンには深く突っ込まない方針なので見送らせて頂きます。
[ 2007/12/30 22:56 ] [ 編集 ]
お風呂を軸に振り返りをまとめというのは,ならではと感心しました.
来年もたのしみにしてます.

いまどきはどのアニメでも,たいていあるもんですね.「ドラゴノーツ」は,お風呂ってよりは,シャワーだけでしたか.

二次元空間さんがお風呂なら,うちも何か考えないと…
ポニテ…かなあ…
[ 2007/12/31 00:16 ] [ 編集 ]
名前入れ忘れてました.
ねこにこばんでした.
[ 2007/12/31 00:17 ] [ 編集 ]
京アニは良い時はすごく良いんですが、たいてい最後でコケるんですよねえ。
Kanonも真琴編しかまとまっていませんでしたし……
やはり京アニはフルメタまでなんでしょうか。
[ 2007/12/31 13:28 ] [ 編集 ]
上の方でも書かれてますがお風呂で振り返ってみるってのは
斬新ですねw
[ 2007/12/31 20:35 ] [ 編集 ]
>ねこにこばんさん
うーん、ねこにこばんさんならポニテか・・・・・猫でしょうか(笑)。
とりあえず来年もまた宜しくお願い致します。

>とおりすがりさん
まあ、京アニも本数(特に長編)こなしてないですからね。
今後に期待しておきましょうか。

>萌王さん
やっぱりうちは風呂という事で(笑)。
[ 2007/12/31 23:26 ] [ 編集 ]
>うーん、ねこにこばんさんならポニテか・・・・・猫でしょうか(笑)。

「ポニテでネコミミ」と解釈してしまった私は病んでいるでしょうか。

>まあ序盤こそそこそこ良かったものの、中盤以降になるにつれてダレていってしまったので残念。
個人的にはまちねえがお気に入りで、それで最後まで視聴しましたね。
「行きおくれ」を気にしているくせに花嫁修業の一つもせず、目的のためなら手段を選ばず魔物を使役し藁人形は常備。
印象に残っているセリフは、ロープを付けて彼を崖から突き落とした後の「まあ、計ったようにピッタリ」。目測を誤ってたらどうするつもりだ。w

>というか最終回に新キャラ出してどうすんだ(笑)。
鷲羽ちゃん(ボソッ)
[ 2008/01/04 13:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿
コメントの投稿は停止中です。
カテゴリー
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。